試行錯誤(トライアルアンドエラー)出来る人が成功出来る

480841613a5e7e9958ddab300f4ed25e_s.jpg

最近なによりも大事だと思うのは

試行錯誤(トライアルアンドエラー)をする事です。


検索すればいくらでも情報が出て来るこの時代に

何かを知っている事は大きなアドバンテージになりません。

じゃあ何が差を分けるか?

試行錯誤出来るかです。

周りを見渡すと成功する人はとにかく行動する、

そして失敗したらやり方を変えて見る、いわゆる試行錯誤が出来る人ばかりです。


何故試行錯誤出来る人は成功するのか?

その理由は2つあります。


1つ目は、成功する確率を高めるためには実力がある方が有利だからです。

そして実力をつけるためにはとにかく試行錯誤するしかないです。

イチローがあれだけの選手になったのは特別な事を知っていたからでも、

野球の上手くなる方法を勉強し続けたからではありません。

試行錯誤しながら毎日練習をしたからです。

とにかくやる、そして気づいた事を修正して見る、その繰り返しこそが

困難にぶつかった時に道を切り開く実力になります。


そして2つ目は、実力があっても成功する確率はそれほど高くないという事です。

実力を上げる事で成功する確率は上がりますが、

やはり世の中運の要素が強いです。

不合理に感じるかもしれませんが、自分でコントロールできない事を嘆いても仕方がないです。

出来る事は試行錯誤しながら数を打つ事です。

下手な鉄砲でも数撃てば当たるかもしれませんが、上手い鉄砲を数打つ方が良いに決まっています。

そして鉄砲が上手くなるには、とにかく試行錯誤しながら数撃つしかないのです。

自分で出来るのは、試行錯誤していけば、

実力を上げる(確率を上げる)×試行回数も増える(くじ引きの回数が増える)で成功できるのです。


とにかく行動する人になりましょう。

ただ闇雲にやっても実力は上がらないですし、経験も増えません。

頭を使って試行錯誤すれば必ずや道は開けるでしょう。



この記事へのコメント